スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使とお茶会 第五夜

以前やっていた天使とお茶会のワークが途中だったのを思い出し、今朝なんとなくやってみました(´∀`)

多分、なにみえかさつきさんのところの記事を一気読みしている時にみつけた誘導瞑想文だったかな??

去年の10月に第四夜まではやっていたので、第五夜から再開します!

baybe blue eyes 天使とお茶会 第五夜
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-151.html

もし、興味のある方がおりましたらこちらへどうぞ。

baby blue eyesの天使とお茶会 目次
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-195.html

ほぼほぼ備忘録なのですが、私のイメージワークの内容を知りたい奇特な方がいましたら”天使とお茶会”カテゴリでさかのぼれます。

**************

扉を開くと木々のざわめきと、中東の様な街並み。
行きかう人々は頭にターバンをしている。ロバで荷物を引く人とすれちがう。
道の左右にはテントが立ち並び、市場にはそこそこの人出があった。
露天商のおじいさんがタバコ(水タバコ)をくゆらせる。
スイカや赤や黄色の果物がならぶ果物屋の恰幅のよいおばさんにはなしかけられた。

おばさんに言われた「あれ」といわれるもののある場所へ向かって私はひたすらあるいていく。

森に入ると獣形のグリングルがでてきた。グリングルとは私の守護獣であり、グリフォンだ。
海に出る。浜辺でグリングルと綺麗な夕焼けをみた。茜色と黒のコントラスト。遠くに島が見える。
船をみつけ乗り込むとグリングルは人型になった。
体毛は金と虹色なのに何故か不思議な事に人型になると髪色はけっして金ではないのだ。
何故彼がサードアイを隠すのか、服装が黒いのか気になった。
満天の星空の下、グリングルが船を漕ぐ。
しばらくすると船は勝手に進んだ。ふたりで船に寝転がる。

「お前、なんで最近俺の名前を呼ばない。前は呼んだのに・・・」
「そう言えばそうだね・・・なんだろういるのはわかってるんだけど・・・」
「もっと俺を呼べ。俺を頼れ。」
「わかった。」

明け方島に着き、山ぶどうの様な実やマンゴーの様な実をグリングルが抱えてきたので一緒に食べた。
食べ終わって島を探索していると世界樹が・・・

唸る声の主は、トカゲの様な姿をしていた。
そうか。「あれ」が竜なのか・・・
襲われ、あわててグリングルの背に飛び乗り飛翔する。
弓を番えて竜を狙うが、表皮は硬くて貫けない。
今度はランスを構え急所を突きに向かう。

ボロボロになり竜の爪が迫った時、グリングルが庇って抱きしめてくれた気がした。
衝撃の後、みるとやはりグリングルは血を吐いていた。背中には大きな傷がある。
庇う瞬間に剣で薙ぎ払ったのか竜の片足が無い。
グリングルが命尽きる前に「言霊を・・・と言う。」
大切な人が息絶えたが、私の心は静かだった。そのまま竜の前へ立ち上がる。

「御身はなぜそう荒ぶるのか。世界樹の終わりは世界の終わり。何故貴方は自ら破滅へと向かうのか。私は近しいものを亡くした。しかし、あえて言おう。私は貴方を愛そう。ずっとそばにいよう。」

そして、私は殺された。

目を開けると天使がいた。ラファエルかとおもったがウリエルだった。
かれは波打つ短い髪をもっていた。淡い青紫。青のほうがちかいだろうか。そんなイメージだった。
そうか・・・彼らは私の中にいるのか・・・
冥府の扉が開いた・・・世界樹の虚ろな穴に・・・



***************


誘導瞑想文を読む時はしっかりイメージをつかんでというか、頭の中で話がふくらんでから次の文章を読むように一行一行すすめていくのですが、なんだか途中で文章を読むより先に自分の中のストーリの方が先回りしていました。
竜だとわかったあたりや、庇われたあたりは特にそうだったなぁ・・・
第六夜は一体どうなってしまうのか・・・続きがきになる。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クルミ

Author:クルミ
不思議な世界に興味深々♪
みえよーがみえなかろーが面白ければ良いじゃん♪
絵を描いたり、人の身体を癒したり、綺麗にしたり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。