スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の襲撃

戦艦か宇宙船かわからないが、そんな所の少し薄暗い通路の一角にいる。

突然、何度か大きく揺れ、警告アラームが鳴り響く。壁に付いた、赤いランプが通路をを赤く染める。

無機質な狭い艦内で何事かと思いながら、揺れが治まったと同時に走りだし、突き当った通路を左に曲がる。

そこで背の高いオレンジの髪の仲間と合流する。彼の前にも数人が走っている。

どうやら敵襲を受けたらしい。生憎、お互い持っているのは腰の後ろに携帯しているハンドガンだけ。

2人で武器庫に走り、武器を調達に行く。既に武器庫の扉は開いており、先に物資を補給に来た仲間は先に戦闘になっているらしい。

物資を補給していると、敵が侵攻してきたのか銃撃戦になる。

初陣で敵襲とはついていない…と思いながらも敵を射殺して行く。

初めて生きている人間を的にするのにジワリと嫌な汗をかくが今はそれどころではない。

やられる前にやらなければ。ましてや、ここは武器庫。占領されてはマズイ。

敵は襲撃の為にフル装備でヘルメットや防弾服を着ているのに対し、こちらは通常業務の制服ってのが・・・まぁ、ハンドガン持ってただけマシか。

ライフルで確実に相手の眉間をねらって弾丸を打ち込む。

グレネードなどを使っても壁に大穴が空かないあたり頑丈な船だなと思う。

ある程度粘るが、通路左右から攻めてこられてはなかなかキツイ。

武器庫の自動扉を内側からロックし、外からは入れない様にする。

扉がドンドンと音をたてる、どうやら火薬を使ってこじ開けようとしてるみたいだ。急がなければ。

持てるだけの武器弾薬を黒いバッグに詰めていく。

武器庫内の天井にある隠し扉のロックを外し、持てるだけの武器をダクトにあげる。

ダクトと言いつつも、非常時の通路になっており、乗組員2人分の認証コードが必要なので、2人でいて助かった。

仲間が先に上がってからサッと上がり、上から隠し扉を閉め認証コードでロックをかける。これでここからは追ってこれないはずだ。

そして、俺たちは上官のいる艦の中心部へ走った・・・。















どうもどうも!昨日の夕刻何をするでもなく布団でゴロゴロとしていたら、壮大なサバイバルゲームが脳内で展開されたので覚え書きです。

別に瞑想やアカシックに行っていたわけじゃないのに・・・


自分でも携帯の画面見ながら「あっれ~~ぇ??(´・ω・`)」ってなってました。


こんなに長くて詳細な白昼夢は初めてですわ(爆)



主人公はなんとなくイメージでは金髪で赤紫の瞳。一緒に戦っている仲間はオレンジの短髪に黄緑色の瞳のイメージです。

彼らはその後、上官の部屋に行き、事のあらましを報告していたようです。

髪を後ろに撫でつけた上官が机上に艦内のブループリントを広げていました。

次々に部屋に伝令が行ったり来たりしてましたが、我々2人は指示待ちなのか脇で立って待っていました。

結構ハッキリ風景がみえて相手の服装や自分のハンドガンを携帯する位置なども・・・

ハンドガンは後ろの腰の位置に右手で抜きやすいように携帯してありました。

普段はハンドガンは上着で隠れて見えないようになっているので、制服の上は短いのかな。

黒とか紺っぽいイメージでちょっとファンタジーチックな制服。相手はガチ装備なので現代の特殊部隊みたいな格好。

昨日は横須賀のカレーフェスティバルの実況ツイートやニコニコ公式生放送でこんごう艦内クルーズを沢山目にしてたからかな??

妄想かもしれませんし、今後の話が出てくるのかもわかりませんが、忘備録として。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クルミ

Author:クルミ
不思議な世界に興味深々♪
みえよーがみえなかろーが面白ければ良いじゃん♪
絵を描いたり、人の身体を癒したり、綺麗にしたり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。