スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/3 ・4 REFあそびかた講習会@山形レポ10~懺悔&裏話編~

え~っと。ものすごい間があいてしまいましたが・・・今更山形話です(笑)

前回までに書いてきたレポでほぼほぼ山形の出来事や感想は書いてしまっているのですが・・・

実は山形当日と後日判明したことがあり、罪人なんですね私・・・

一つ目の罪は早々に気付いていたのです・・・そう・・・アストラルトラベルを思いついた時から・・・

それは今回、初めて山形講習会に参加される初心者の方々をスパルタの渦に投げ込むというものです。


「初めからお試し中級がついてるからきっと皆猛者ばかりなんだろう」


というのもあり講師に許可はもらったものの


羽黒山行軍→初級→お試し中級→アストラルトラベルって時点で鬼スケジュールですよ・・・


いや、実際みなさん猛者だったんですがw

一日目が無事に終わった後に山形参加者の方々にはDO★GE★ZAしたよね(爆)

みなさん面白かったといって笑ってくれたのでよかったです。





・・・・・・が、しかし!!




まだ本当の意味での罪に気付いてなかったよね。。



皆さんは覚えているだろうか??


私が黒いマリア像の教会で引いた聖書の言葉を・・・




山形レポ2  (読むのが面倒くさい人は読まなくてもOK)



もし私たちに罪はないと言うならば、自分自身を欺くことになり、審理*は私たちの中にありません。
罪を告白するならば、真実で正しい神は、私たちの罪を赦し、あらゆる不義から私たちを清めてくださいます。
     ヨハネの第一の手紙 1・8-9


(*審理ではなく真理では?との指摘があり聖書を調べたら真理でした。・・・が、私のくじは何故か審理なのでそのまま記録します。)



はい。そうですこの一文。

自らの罪は山形講習会参加者さんにあると思っていたのですよ。ワタシ。


でも、違うんです。そう思ってる時点で不義を働いてるんです。



そう!それは!!



講習会の講師さつきのひかりさんに対しても罪があったことをここに認めます!!


当初はアストラルトラベルは有志で行う予定だったのですが

さつきさんの「 なにも持ち帰れないとかわいそうだから 」というご厚意によりアストラルトラベルの誘導までしていただいたのですよ。

そこは当然本来ならそれだけで講習会として成り立つので対価が発生するのです・・・

感謝の言葉はたくさん口しましたが謝罪という単語が脳裏をよぎったのは最終日の午後の観光の車内でした(爆)

車内でハッと教会の一文の真意と自らの罪を知ったのです・・・


一番大変だったのさつきさんじゃん!! (つ))`д´)あの時の自分をグーパンしたい・・・


車中で平謝りしましたよね・・・あっ・・・石投げないでっ・・・



後日、みんなで話していたイメージが、崖の上で莢さんが率先して飛びこみ方を参加者さんに教え、参加者さんと講師の背中を私がドンと押し、そのあとに自らも飛びこむという←←


参加者さんも講師も道連れにスパルタの渦へご案内~~~~(爆)


講習後さつきさんがしばらく上での活動をお休みするとのことなので、コミュのほうで山形組歓迎会と8年間お疲れ様でした会を開催しましたが・・・


そこも私の罪で←


もともと一斉ヒーリングの一時休止を宣言されていたさつきさんですが、そこで見事エネルギーが枯渇し、デセルさんにもご迷惑をかけ、上の本体さんが休眠なさいました(爆)

さつきさん曰くキャパを上げるためにエネルギーを枯渇ギリギリまで使い切らなければいけなかったようですが・・・


(`・ω・)<おらおらぁ~!まだエネルギー隠し持ってるだろう~ちょっとジャンプしてみろ~!


ってな具合の骨の髄までしゃぶり尽すカツアゲっぷり


ちょっと私さつきさんにエネルギー使わせすぎじゃないか??


コミュ参加者さんの提案でお疲れ様会でコミュのみんなでREFをつめてはちみつみたいにとろっとろになった水晶玉をトールさんにお渡しして枯渇時でもさつきさんがそこからREF引き出せるように配慮がありましたが・・・

本当に自分ではREFを呼べないほどすっかすかになったそうで・・・・


本当に申し訳ありませんでしたああああああああああああああああああああm( )m



正座して色んな方のお話を聞き反省いたしました(´o`;

いまはさつきさんもエネルギーも使えるようになり溜まってきたようですが・・・

聞いたら山形前と後だとキャパがケタ違いになっていてただたださつきさんの凄さに白目をむいております。

むしろよくぞ枯渇したな…というキャパ…

出羽三山羽黒山の山伏、星野文紘さんもおっしゃってますが「懺悔するために山に登る」というのは真でした。


勢いで突っ走る暴走列車は何を引き起こすかわからない

全て終わってみないとそれが何の為だったのかわからない

いったい上の人たちはどこまで織り込み済みで計画を練っているかわからない(こわい)


という裏話で山形講習会レポを締めくくらせていただきます。お付き合いいただきありがとうございました。(チャン♪チャン♪)



スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

クルミ

Author:クルミ
不思議な世界に興味深々♪
みえよーがみえなかろーが面白ければ良いじゃん♪
絵を描いたり、人の身体を癒したり、綺麗にしたり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。