スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使とお茶会 第六夜

前回同様にbaby blue eyesさんの誘導瞑想文をおかりしました(・ω・)

天使とお茶会 第六夜
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-157.html

第五夜が意味深な終わり方で続きが気になるので続けてやっちゃうよ!(`ω´)

今回はメモ書きながらやってたので途中文が乱れてるけど気にしないでください(汗)

***************

金属のわりと無機質な感じの扉をあける。大きな建物のエントランスホールにでる。
色々な人がいきかっている。ふと「ステーションかな?」という思いがよぎる。

むこうから本をもった天使がやってくる。最初はウリエルみたいだが、メタトロンだ。
メタトロン・・・なんだか髭面??北斗の拳のトキ兄さんみたいなイメージなんですが・・・
過去現在未来が集約する場・・・か・・・以前グレンと話した空間と似ている。
様はあらゆる面の自分とも他人ともあって話せるんだな。うん。

メタトロンにうながされてるはずなのにウリエルと書いてしまう私・・・誘導瞑想文超えて実は2人いるんじゃないの説。
あれ??この扉以前にもみた・・・アカシックの本を開いた扉に似てる気がする・・・


って・・・あれ??私いまみたら第四夜の瞑想文読んでるんじゃん!通りで・・・(爆)


とおもって第六夜開いたら、出てきてる天使はウリエルで・・・ウリエルウリエル間違えて書いてたり2人いる気がしたのはそれでか・・・

うん。書き直すのめんどくさい(このままで面白い)からここから第六夜始めるよ(爆)



ウリエル「ありがとう、あなたのお陰で世界樹は護られましたよ。」
ウリエルとハグをする。ウリエルさんはあれだ・・・髪の感じが暁のヨナのイクスみたいかな・・・

闇の門と言うが・・・話を聞く限り開いて良い門だったようだ。
光があれば闇があるのはそれもまた理。それが復活したのだろう。
ウリエルと別れ、闇の門へと降りてい行く。

ウリエルのくれた松明を持ちどんどんどんどんぐるぐるぐるぐる下にくだっていく・・・
ふと冷たい空気が流れてきて、踊り場に出た。木の扉がある。
腕に力を込めぐっと押す・・・

扉の向こうにはさわやかな風の吹く星空と草原・・・足元には青く光る花が。
此処が黄泉?ずいぶん良いところだと思う。
天使が私の前に現れた。闇と聞くとあの人を思い出す。漆黒に濡れた髪に穏やかな声、黒い服・・・ルシフェルとーさん?
いや、くるくるふわふわとした金髪の天使だ。割と幼げな雰囲気のあるこの人がレミエル?

レミエルは嬉しそうに高台へ私をつれていく。
小さな天使はなんだか小人みたいなサイズで数人がかりでテーブルの上のカップへ紅茶を注ぐ。

「ここに人がくるのは数千年、数万年ぶりです。人は闇を恐れますから。光があれば闇もある。光と闇で振動が高い低いとも言われますが、闇は本当は暖かいのですよ。眠る時の布団の様に。」


レミエルと歩いていると空から光が降ってきた。
傷付いた天使だった。皮の編み上げサンダルをはいている。
ふと、この人は私か?と思う。わりと身体つきがしっかりしているて骨太そう。
レミエルに促され、ヒーリングをはじめる。
黄色い光が傷付いた天使の羽根をつつむ。
アンカーを下ろしたかみにあがり、光の世界から光を抱いてその天使におろしていく。
彼は片膝をついたままヒーリングをうけていたが、光が爆発したように広がり発光する。傷はいえたようだ。

彼とレミエルにあいさつをしその場を離れた。




スポンサーサイト

天使とお茶会 第五夜

以前やっていた天使とお茶会のワークが途中だったのを思い出し、今朝なんとなくやってみました(´∀`)

多分、なにみえかさつきさんのところの記事を一気読みしている時にみつけた誘導瞑想文だったかな??

去年の10月に第四夜まではやっていたので、第五夜から再開します!

baybe blue eyes 天使とお茶会 第五夜
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-151.html

もし、興味のある方がおりましたらこちらへどうぞ。

baby blue eyesの天使とお茶会 目次
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-195.html

ほぼほぼ備忘録なのですが、私のイメージワークの内容を知りたい奇特な方がいましたら”天使とお茶会”カテゴリでさかのぼれます。

**************

扉を開くと木々のざわめきと、中東の様な街並み。
行きかう人々は頭にターバンをしている。ロバで荷物を引く人とすれちがう。
道の左右にはテントが立ち並び、市場にはそこそこの人出があった。
露天商のおじいさんがタバコ(水タバコ)をくゆらせる。
スイカや赤や黄色の果物がならぶ果物屋の恰幅のよいおばさんにはなしかけられた。

おばさんに言われた「あれ」といわれるもののある場所へ向かって私はひたすらあるいていく。

森に入ると獣形のグリングルがでてきた。グリングルとは私の守護獣であり、グリフォンだ。
海に出る。浜辺でグリングルと綺麗な夕焼けをみた。茜色と黒のコントラスト。遠くに島が見える。
船をみつけ乗り込むとグリングルは人型になった。
体毛は金と虹色なのに何故か不思議な事に人型になると髪色はけっして金ではないのだ。
何故彼がサードアイを隠すのか、服装が黒いのか気になった。
満天の星空の下、グリングルが船を漕ぐ。
しばらくすると船は勝手に進んだ。ふたりで船に寝転がる。

「お前、なんで最近俺の名前を呼ばない。前は呼んだのに・・・」
「そう言えばそうだね・・・なんだろういるのはわかってるんだけど・・・」
「もっと俺を呼べ。俺を頼れ。」
「わかった。」

明け方島に着き、山ぶどうの様な実やマンゴーの様な実をグリングルが抱えてきたので一緒に食べた。
食べ終わって島を探索していると世界樹が・・・

唸る声の主は、トカゲの様な姿をしていた。
そうか。「あれ」が竜なのか・・・
襲われ、あわててグリングルの背に飛び乗り飛翔する。
弓を番えて竜を狙うが、表皮は硬くて貫けない。
今度はランスを構え急所を突きに向かう。

ボロボロになり竜の爪が迫った時、グリングルが庇って抱きしめてくれた気がした。
衝撃の後、みるとやはりグリングルは血を吐いていた。背中には大きな傷がある。
庇う瞬間に剣で薙ぎ払ったのか竜の片足が無い。
グリングルが命尽きる前に「言霊を・・・と言う。」
大切な人が息絶えたが、私の心は静かだった。そのまま竜の前へ立ち上がる。

「御身はなぜそう荒ぶるのか。世界樹の終わりは世界の終わり。何故貴方は自ら破滅へと向かうのか。私は近しいものを亡くした。しかし、あえて言おう。私は貴方を愛そう。ずっとそばにいよう。」

そして、私は殺された。

目を開けると天使がいた。ラファエルかとおもったがウリエルだった。
かれは波打つ短い髪をもっていた。淡い青紫。青のほうがちかいだろうか。そんなイメージだった。
そうか・・・彼らは私の中にいるのか・・・
冥府の扉が開いた・・・世界樹の虚ろな穴に・・・



***************


誘導瞑想文を読む時はしっかりイメージをつかんでというか、頭の中で話がふくらんでから次の文章を読むように一行一行すすめていくのですが、なんだか途中で文章を読むより先に自分の中のストーリの方が先回りしていました。
竜だとわかったあたりや、庇われたあたりは特にそうだったなぁ・・・
第六夜は一体どうなってしまうのか・・・続きがきになる。。


天使とお茶会 第四夜

大理石のエントランスホール。天井はガラス張り。白い空間足元には茶色と白の大理石で羅針盤のような星の模様。

メタトロンは短い髪の毛。

金色の原っぱがみえる中庭を見ながら歩く。ステーションかと思う。

銀色の細かい細工のした扉を開くと、本棚がぎっしり。

私の本は紅い皮表紙に金の文字。うらには菱形を4つ合わせた図形。

意外と薄いな。と思う。

本の厚さは問題じゃない。その人が筆まめかによる。

へー、私あんまりかかなそうだな(笑)
覚えてれば良いやってなりそう(笑)

お前は過去世を知りたかったのじゃないのかい?

知りたいよ!初めて対話した彼が誰なのか知りたいし!
彼は、私?他の誰か?過去世?未来世?

他の魂と混じり合った姿だよ。

呼ぼうか悩みながら名前を思いだそうとしている。

部屋をでて中庭に行くとグリングルがお茶をいれてる。

黒いバンダナに長いコートを着ている。
昨日と違って穏やかで優しそうな顔で微笑む。

本を開いてごらん

開くとうっすら命、魂という字がみえる。
よく目をこらすと、たまうつしとある。

魂移し?他の物に魂を乗せ替える?うーん。
あ!魂写しか?いや、両方意味がありそう…

とうんうん悩んでると。

今はわからなくてもいいよ。

メタさんが立ち上がってお別れ。

いつでもおいで。


**********

誘導瞑想文をお借りしました
baby blue eyes
天使とお茶会 第四夜
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-144.html

天使とお茶会 第三夜


扉をあけると満点の星空、天の川が近くにみえて宇宙空間にいるみたい。足元には虹色の道。

ラファエルがいる。羽根とか全体のイメージは薄紫色。

茶色のクルクル巻き毛なのはわかる。長さはどうかなー。と考えてると長さが変わるw
結局は肩当たりで結んで胸まで垂れるイメージ。
瞳は緑色で光彩が黄色っぽく、星のイメージ。

まふまふの雲にバフ〜ンと寝っ転がるとラファエルが膝枕をしてくれた。
私はラファエルの垂れてる縦ロールを指先でクルクル遊んでいる。自分は金髪パーマの少女で怖いもの知らずなかんじw

ラファエルをラファ先生と呼んでいる。
ラファ先生は黙ってニコニコしていて、話しかけて来ないので、お歌うたって!とせがむ。

そしたら何故かお茶目にノリノリにウルトラソウルを歌ってくれて、私がひとしきり爆笑したらアメイジンググレースを歌ってくれた。

顔をみるとなかなか美形なラファ先生ww
ラファ先生抱っこ〜と甘えてみる。

コアラ抱っこして膝だっこして、赤ちゃんだっこしてもらったら、自分は親指をしゃぶっていた。

その様子をグリフォン姿のグリングルが覗いてくる。

私は嬉しくなって、グリングル抱っこ!!と首にぎゅむっとだきつく。
そしたら人型になって抱っこしてくれた。グリングルは青年って感じ。


グリングルだーいすき!とずっと言う私に照れるグリングル。

グリングルは私すき?

聞かなくても、わかるだろw

なんでグリングルは私といてくれるの?
初めて(今世で)あった時から不思議だったんだ!
私、今世でも悪いこと沢山したし、前ももっともったいっぱい悪いことしたんだよ?それでも、なんで一緒にいてくれるの?

お前は主だからな。

主はいやだ!同じがいい!一緒の関係がいい!

初めて会ったときにグリングルをみて智天使だと思った。
翼はワシのような猛禽類の羽根の人型のグリングルのイメージ。
あとは、額の目。何色かはわからない。
グリングルは人型になるとバンダナをしている。飛影みたいだと思ったw


この目なーに?

サードアイww

だよねーww

綺麗だなと思う。
ふふ。と私は笑って、

私!グリングルの獣耳好きなんだー

と耳をグリグリ引っ張る。
獣姿のグリングルは

ちょっ、おま、やめろ!ってw

獣姿のグリングルにもサードアイあるのかな?あってもかっこいいな!と思う。

左にグリングルと右にラファ先生とてを繋ぐ。

ラファ先生!私オーロラみたーい!

いいですよ。じゃあ、オーロラにここに来てもらいましょう

すこしすると真上が緑色や紫のカーテンになる
星の輝きを胸いっぱいに吸い込み、吐いた息は風になる
てをつないだまましばらくオーロラを仰向けでみる
2人が半身を起こして私を撫でてくれた。

またいつでもおいで。

ありがとう!


***********
誘導瞑想文をお借りしました~

baby blue eyes

天使とお茶会 第三夜
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-137.html

天使とお茶会 第二夜

こちらの誘導瞑想文を参考にしました。

baby blue eyes 天使とお茶会 第二夜
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-131.html

********


階段で待っていた天使は、すこしやんちゃそうな茶髪のクルクルヘアー。

階段はグリングルにきて貰ったけど、結局エネルギーの糸みたいなもので織物みたいにして虹色の橋を作って渡った。

神殿はギリシャとかローマの神殿みたいだった、蔦が絡まりついている感じだったけど、野ざらしみたいで、水溜りに空が写ってた。

蘇らせるにあたり、白いピカピカの神殿にして、登って腰掛けて鳥と話しやすい樹を生やして、近くに澄んで綺麗な沐浴様の泉をつくって、蓮を浮かべて、沐浴して泳いでた。何故か人魚もこれたりしてw

空中にエネルギーというかなんか、クリスタルを多数浮かべた。風車みたいな働きをするイメージ?

花は手入れされてるというより自然に季節の花々が咲く様にした。

天使と話す

ここはもともとなに?

レムリア人の神殿さ。

レムリア人ってなにしたひと?

空と大地と繋がった人。

ふーん。

この島をお前にやろう。

えっ??いいの?!浮島って契約とか書類とか大変なんじゃないの?!

俺がやっとく。

えぇ〜〜

お前、疑ってるな?(笑)

だってさぁ〜

天使微笑む(ニヤリってかんじ笑)

貰ったとしても、私これないよ?

グリングルに連れてきて貰えば良い。
あ、お前ゲート(ゲートみたいなクリスタルのこと)あるじゃん。

まじで?!あれ繋がるの?!

(神殿を探索しながら)…あ、ここの神殿地下あるんだね!あ、図書館じゃん!!

ここの本はお前の世界でも読める様になってるぞ。

え?!その時に必要な本が手元にくるってこと!?すげーっ!!
本当に浮島貰っていいの????

あぁ。

まじかーすげーな。

(地下の壁際に積まれた本にすわって小声で)まぁ、もともとお前の…ごにょごにょ…

お礼にと言われても、いや、浮島貰っちゃったけど私妄想?!良いのかな?となるw

壁にあるものは真っ先にハープ。むしろハープしか目に入らないというか、ないというかw

癒しの力だね〜
ありがとう〜と天使とハグする。

結果
最初にみた天使のイメージは外見ラファエルっぽかったのにミカエルだったw
ミカエル茶髪でクルクルじゃない気がするーww
でも、口調はまごう事なきミカエルw
いや、最初は多分ラファエルだったと思うんだよな〜あ、口調が違うかもと思ったからw

第一夜と違って内容がぶっとびすぎて嘘やーんと疑ってますよw


*******

天使とお茶会 第二夜 ネタばらし
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-133.html
sidetitleプロフィールsidetitle

クルミ

Author:クルミ
不思議な世界に興味深々♪
みえよーがみえなかろーが面白ければ良いじゃん♪
絵を描いたり、人の身体を癒したり、綺麗にしたり。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。